合鍵を作りに出かけなくていい理由

引越しをした時、倉庫を建てたとき…家族の分の合鍵や予備の合鍵を作る時って結構ありますよね。
みなさんは鍵屋さんに作りに行っていますか?
ホームセンターに行きますか?

鍵には全て、固有の番号がある
どれでもいいのであなたの持っている鍵をチェックしてみてください。
複製品(コピー)でなければ固有の記号番号が記載されているはずです。

この記号番号は鍵そのものを表す非常に重要な鍵番号と呼ばれるものです。
鍵番号は鍵の形を表しています。
メーカーは鍵番号をもとに純正キーを複数作ることができます。

つまり、この鍵番号を知られるということは、同じ鍵が作り放題ということです。
いきなりドキッとしてしまいますが、オリジナルキーの鍵番号を絶対に他人に知られてはいけません。
鍵番号を知られてしまうと、合鍵どころか、オリジナルキーを作り放題です。
防犯のためにも必ずカバーをするようにしましょう。


合鍵は純正品に限る
そもそも、合鍵を作る際に頭に入れておかなければならないことは、オリジナルから作成したとしても、コピーで作った合鍵はコピーでしかないということです。

ホームセンターの鍵屋さんは鍵番号からコピーを作るのではなく、現状の形だけを頼りにコピーを作ります。
これはつまり、オリジナルが新品でない限り、あるいは新品であっても、またどんなに腕の良い職人さんが作ってくれたとしても、必ず劣化した鍵が出来上がってしまうということです。
ホームセンターなどの鍵屋さんで合鍵を作ったとして、それがすぐに使いづらくなったり、使えなくなっても、鍵屋さんには文句が言えないのです。


・・・ですから、合鍵は純正品を作りましょう。
オリジナルと全く同じものを新品で作るのです。

「…え?そんなことできるの?」

できます。簡単にできます。
厳密にいえば、ホームセンターの鍵屋さんでもできますが、注文になりますので、2回お店に行くことになりますし、割高になります。

今回ご紹介したいのは、そんな出かける手間をかけずに、簡単に合鍵を作る方法です。
その方法とは写メを使ってネットで合鍵を注文し、自宅に届くというものです。

テレビでも紹介され、人気のネット鍵屋さんはこちら
→写メで簡単合鍵作成!全国送料無料!

送料無料で、鍵の写真を撮るだけで新鍵を注文できるというのが最大の魅力です。
(もうお分かりかもしれませんが、写真を使うのは鍵番号を撮影して注文するためです)
作ってもらえるのは新鍵ですから、劣化の心配がない完ぺきな精度の鍵です。

ホームセンターなどでは断られてしまうことの多いディンプルキーのような特殊キーも簡単に作ってくれますし、日本で出回っているほとんどのメーカー(MIWAやGOALなどはもちろん、その他のメーカーも)の純正品を扱っているので安心です。

また、強固なセキュリティーで簡単に合鍵を作れないカード付きのキーや、最新の防犯対策についてもサイト内でいろいろと紹介されているので、ぜひ一度「俺の合鍵」のサイトをのぞいてみてください。

合鍵はコピーしないで作る時代
…さて、合鍵ではなく、新鍵を作るという発想はあまりなかったかなぁと思います。
ホームセンターの合鍵はすぐ作れるという利点があり、それはそれでいいのですが、劣化した鍵を作ってしまうかもしれないというリスクがあるということを覚えておいてください。
特に玄関の鍵ではおすすめできません。玄関の鍵のように使用頻度が高い鍵は劣化していることが多く、コピーを作ったとしても初めから回らないことが多かったり、回そうとして鍵穴の中で折れてしまい、思わぬ出費をしてしまうことがあるからです。

しかし考えてみれば、コピーした合鍵で回りづらかったりする鍵というのは受け側の精度が高く、防犯機能が高い鍵ととらえることもできます。逆に言えば、コピーしたキーで簡単に回る玄関は防犯対策が甘いということになりますので、鍵の付け替えなども検討された方が良いかもしれません。
空き巣が入ってから泣き寝入りしたくはありませんからね・・・。


今は、ホームセンターや鍵屋さんに行くことなく簡単に合鍵をネットで注文できる時代です。ぜひ、一度オリジナルと全く同じ精度の合鍵を作ってみてください。

もし、コストを抑えて同じ合鍵を複数欲しいという場合は、一つ完ぺきな精度の新鍵をネットで購入し、それを鍵屋さんで安く複製してもらうというのも良いかもしれません。

合鍵はネットで作る、新時代の新しい合鍵作成方法をご紹介しました。